観光

フィレンツェ観光・おすすめモデルコース・現地ベテラン観光ガイドが伝授するルート〜その1

イタリアへ行く♪旅が決まったらだんだん詰めていきたい詳細。さて、どこへ行こう… フィレンツェの街では何を見るべきなの?よく皆さんから質問されます。ともかく王道で、抑えるべきスポットを抑える観光をしたい方のために、このブログで数回に分けて現地ベテランガイドだからお届けできる裏技を含めてお伝えします。

このフィレンツェ観光モデルプラン半日観光。イタリア旅を体験済みの方や、業界の方はよく知るフィレンツェ観光王道ルート。やはり押さえておきたいのはどうしてもこの旅程です。フィレンツェラッキーポイントで知られる、イノシシのブロンズ像は見に行かない場合もあり。ウフィツィ美術館は、ダビンチにミケランジェロ、なんといってもあの「ヴィーナスの誕生」が観賞できるイタリアで見たい美術館TOP3に入ると思われるスポット。という訳で、旅行会社のツアーでも、個人旅行でも、まずは初めてさんにはこのルートが絶対におすすめです。

さて、このルートを堪能するためには、いろいろ工夫をすると良い場合も。ツアーに組まれた旅をする場合は、日程時間等、全て計画済みなため、その流れに乗って連れて行ってもらうのが、これまた気楽でいいわけですが、もしあなたが個人旅行で行くなら…、季節、時間帯などを工夫することでさらに良いコンディションで観光を楽しむことができる場合が多々あります。

観光地はどこも朝一が空いている

これはイタリアに限ったことではなく、全世界同じでしょう。朝早めにヴェッキオ橋へ赴くと、まだ観光客が少なくて、橋からの眺めをゆったりと楽しめますよ。美術館も同じことが言えますが、アカデミア美術館だけは例外で、街で一番混む美術館と言えそうです。ウッフィツィ美術館は朝イチ8時15分開館すぐから9時過ぎまでは、館内絵画の前が空いて鑑賞しやすいことが多いです。

冬は美術館は空いている

イタリアに美術館巡りを第一目的においでになる方にはお薦めです。
12月前半、1月の8日以降から2月前半までは、美術館がかなり空いており、予約も取りやすく、館内も人が少なくじっくりと絵画鑑賞にひたれます。旅費が安めに済む時期でもありますので、ぜひご検討くださいね。

続きのブログ、その2では、この王道ルートにプラスどう手を加えるのがお薦めかのアイディアをお届けします。お楽しみに♪ さらにフィレンツェ観光ルートが固まるように、こちらも併せてお読みください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP